・ソ 夏場でも食べたいもつ鍋

夏場でも食べたいもつ鍋

繝舌リ繝シ

夏場でも食べたいもつ鍋

寒い冬に、温かい鍋物を食べると、本当に日本人で良かったなと思います。
身体の芯から温めてくれて、心も身体も癒される感じがします。

このように鍋物といえば、寒い冬場に食べるものというイメージがありますが、夏場でも食べたい鍋物があります。

それが、もつ鍋です。

なぜわざわざ暑い夏に鍋物をおすすめするかというと、もつ鍋に使用されている食材の、栄養分にあります。



もつ鍋に使用されている代表的な食材は、もつとキャベツとニラです。さらに味付けに、ニンニクや唐辛子が使用されます。
もつはホルモンのひとつで、コラーゲンがたっぷりと含まれています。

コラーゲンは、弾力のあるみずみずしい肌を保つのに非常に重要な成分ですが、皮膚を夏の強い紫外線によってダメージを受けると、壊れていってしまいます。

ですので、補ってあげることが必要なのです。
特にいつまでも若々しくありたい女性にとっては、潤いのある肌を保つのに最適な食材です。

もつ鍋が気になる方に必見の情報です。

もつには臭みがあると思われるかもしれませんが、新鮮できれいに処理されたもつには臭みがなく、プリプリで甘みがあり、美味しくてしかもヘルシーなのです。

リクナビNEXT JOURNALが今、話題になっています。

キャベツにはビタミンや食物繊維も豊富で、暑さで疲れた胃腸に優しく、ニラには疲労を回復させ、スタミナと免疫力をアップさせる栄養が含まれています。

また、ニンニクや唐辛子が食欲を増進させ、夏場のスタミナ作りに最適なのです。

このようにもつ鍋には、夏に是非補いたい栄養がたっぷりと含まれているのです。

Copyright (C) 2016 夏場でも食べたいもつ鍋 All Rights Reserved.